<< 演出ノート 欧米式「飛び入りオーディション」 | main | 制作メモ 日々の積み重ね >>

スポンサーサイト

  • 2007.07.28 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


業界こぼれ話 空飛ぶ円盤「UFO」なんか呼ぶな!


もし、あなたが空飛ぶ円盤に遭遇したら・・・

制作・演出 松本こうどう

最近ではバラエティ番組のコーナーでしかあまり見ないUFOと言われた空飛ぶ円盤の写真や撮影されたビデオ。

昔は2時間のスペシャル番組でドキュメンタリータッチで良く放映されていたが、最近では「空飛ぶ円盤」という呼び方自体も古い感じがする。

もちろん、ホンモノのUFOと言うか空飛ぶ円盤が他の惑星から地球上にやって来ているのかどうかはわからない。宇宙人が本当にいるのかどうかもわからない。でも「宇宙人は存在する」という想定というか前提のもとに構成された番組は数多くあった。

そのひとつに「テレパシーでUFOを呼ぶ」というのがあった。「UFOコンタクティ」とか呼ばれる超能力者(もうこの呼び方も古い感じがする)の青年(見た目はオジサン風)が富士山のふもとなどで生中継のテレビカメラが見守る中、念力(多分)でテレパシーを宇宙に向かって送り、「UFOに同乗中(搭乗中が正しいと思うが何故か当時のテレパシー青年はこう言っていた)の宇宙人の方、どうかその存在が私たちにわかる様にはっきりとその姿を私たちの前に現してください」と何度も呼びかける。

すると空に怪しい光が突然に現れ、見る見るうちに銀色に光った謎の飛行物体が近づいてくる・・・なんて事はなく、大抵は2時間の放映中には何も起らないか、星か人工衛星をテレビカメラが捉えて、もしやUFOかと騒いで終わっていた。番組中に空飛ぶ円盤が出現したことはなかった。無論、このテレパシー青年に本当に超能力があったかどうかも未だにわかっていない。テレパシーそのものの真意のほどもわかっていない。

当時の番組制作側は空飛ぶ円盤の出現をあまり期待していなかったと思うが、視聴者は、もしや本当にUFOが現れたらどうしようかとワクワクして観ていた。だが、近年は人々の頭の中から「UFOの存在」は忘れ去られてきているように思う。いつまでたってもホンモノの空飛ぶ円盤がこの地球上に現れないから無理もないことである。

あの頃に比べて今は科学が進歩しているから、もしかするとテレパシーを本当に宇宙に送れるかも知れない。宇宙人も本当にいるかも知れない。だから、もう一度テレパシー青年たちに宇宙に向かって呼びかけてもらったら、あの当時はダメだった円盤や宇宙人に今度は会えるかも知れない。だが、こういう事はやめた方が良い。

例えば、今から何十年か何百年かして、この地球上に自家用宇宙船を個人が自由に持てる時代が来たとする。(こういうのは近年、本当にありそうである) そしてあなたは今、仕事中か、恋人とデート中か、あるいはひとりで買い物に行く途中か何かで、宇宙船で宇宙空間をドライブしていたとしよう。

そのとき急に、どこか遠い宇宙の惑星から、「あなたの存在と宇宙船を見せてほしい」とのテレパシーが入ったとする。もちろん、その惑星もテレパシーの送り主もあなたは知らない。メル友でもないヤツからのテレパシーである。果たしてあなたはワザワザその惑星まで回り道をして行くだろうか。メールだけでしか知らない相手に会うのも危険なのに、ましてや知らない惑星からのテレパシーだけでホイホイと会いに行くであろうか。大抵のまともな人は忙しい中、そんな危険なことはしない。

それと同じで今の時代に、いくら地球上から宇宙人に対してテレパシーを送ってもUFOなど来るはずがない。空飛ぶ円盤に乗っている宇宙人も忙しいだろうから、そんなテレパシーの呼びかけに応じるはずがない。普通は宇宙人もテレパシーだけであなたを簡単に信用するはずがない。

だが、もしあなたのテレパシーの呼びかけにUFOが来るとしたら、どんな場合であろうか。

地球の知りもしないヤツからのテレパシーを受けて、よし地球に行ってUFOを見せてやろうなどと思い、実際にやってくるもの好きな宇宙人は、地球上で言えば一日中ネットサーフィンをして出会い系サイトを漁るナンパ目的か悪さを考えるヒマなヤツか、あるいは身元もわからない「オレオレ詐欺」か「振り込め詐欺」をやるような危険なヤツである可能性が高い。言うなれば不良宇宙人である。

こういう輩はワザワザ地球に来て「UFOを見せて」終わりにするはずがない。そのあと絶対に何かしようとするに決まっている。メールと同じでテレパシーでも、身元がわからない相手に気軽に「会いたい」と言うとどんな危険なヤツに出会うかわからない。

ヘタにテレパシーを送ってこういう不良宇宙人が大挙して地球に来たら大変である。宇宙の不良どもにワザワザ地球を教えてやる必要はない。メールの次はテレパシーにも気をつけた方が良い。

因みに当時の「超能力者」たちは現在、「霊能力者」をやっている。

コピーライト2006 松本こうどう

スポンサーサイト

  • 2007.07.28 Saturday
  • -
  • 20:37
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク